ペット学科

犬種や性格もさまざまな構成豊かな犬たちと毎日接することがプロになるための大切な経験。KSBペット学科の実践リアルは、2年間に接する犬たちの数の多さにあります。おとなしい犬、やんちゃな犬、大型犬も小型犬も、たくさん接していろんなノウハウを吸収してください。

トリマー専攻

技術だけにとらわれない

トータル力を磨く。それが

これからのトリマーの在り方。

トリマーは人気の高い職種ですが、それだけに広く深い知識と技術を持つ人材が必要とされます。グルーミングはもちろん、ペットの健康管理や栄養指導も仕事のうち。飼い主の良き相談相手になれる総合力を身につけたトリマーが求められています。

取得できる各種資格

●認定トリマーライセンス(ベーシック・B~C級)

●愛玩動物飼養管理士1~2級(愛玩動物協会主催)

●ペットフード販売士(ペットフード協会主催)

●サービス接遇検定(文部科学省後援)

●ビジネス文書検定(文部科学省後援)

●Word文書処理技能認定

主な職種

トリマー

爪や耳の手入れ、シャンプー、カットなどの基礎を確実にこなし、必要な技術を完全マスター。犬種に合った最新のトリミング法を修得します。メジャー犬種から希少犬種までの扱いを実際に体験できるのもKSBの魅力です。

飼養管理士

理想的な栄養と最適な飼育を促し、犬の健康を最善に保つアドバイスができなくてはなりません。動物の身体機構や生理学、疾患、習性などをおさえた上で、栄養学や健康維持法を学びます。

主なカリキュラム

●グルーミングベーシック

●トリミングベーシック

●ヘルスケア

●犬種学

●ペット美容概論

●愛玩動物飼養管理士2級

●トリミングスタンダード

●トリミングマスター

●キャットグルーミング

●愛玩動物飼養管理士1級

●動物愛護理論

●Word基礎

●Excel基礎

●社会性基礎スキル

●ビジネス能力

●キャリアガイダンス

●サービス接遇2級セミナー

●ビジネスコミュニケーション

●リクルートナビゲーション

※カリキュラムは教育効果を考慮して一部変更をする場合があります。

トリミング実習

たくさんのワンちゃんと触れ合いながら学ぶ実習

小型犬・大型犬のいろんな犬種のワンちゃんがやってきます。その数なんと1年間で7000頭以上!実習は、みんながワクワクする時間。1頭1頭、愛情を持って接しながら技術を磨いています。

01

ワンちゃんが教室に

到着

ペット学科に来校するモデル犬はなんと1年間で7000頭以上!毎日たくさんの犬と触れ合いながら楽しく学べる!

02

カルテでワンちゃんの状態を確認

飼い主さんからの情報をチェックして、今日のワンちゃんの状態を確認!体調や性格のことなどしっかり把握して、負担なく実習ができるように1頭1頭丁寧に扱うよ。


03

先生からの説明を

しっかり聞いて

モデル犬のことを大切に考えて先生から扱い方をしっかり教えてもらう。犬種の性格や癖を理解しながら、無理なくテクニックを身につけていくよ。

04

耳の中までお掃除

耳中の状態によっては病気のサインにもなるのでしっかりチェック!傷つけないように耳垢を優しく丁寧にとっていくよ。小型犬、大型犬でのやり方も学ぶよ。


05

シャンプー台で優しく洗います

いよいよスタート。KSBでは小型犬から大型犬まで対応できるように設備も万全です!温かいシャワーとリズミカルなテクニックにワンちゃんも気持ち良さそう!

06

タオルドライとブローで体を乾かします

すみずみまで洗ってもらったら今度はドライング。根元からしっかり乾かしていくのがコツ!ふわふわの毛並みになって、毛のツヤもどんどん出てくるよ。


07

ハサミやバリカンを使ってトリミング

ちょっとドキドキするトリミング。でも大丈夫!最初は2人で1頭を担当しながら徐々に慣れていくよ。いろんなワンちゃんが扱えるから毛並みの癖も把握できるね。

08

リボンをつけて…

完成〜!!

毛並みはふさふさ、ツヤツヤ☆見違えるようにキレイになったワンちゃんたち!どことなく表情も満足げで、見ているだけでこっちが嬉しくなっちゃうね。


09

道具の手入れとゲージのお掃除も忘れずに

道具の手入れと片付け、掃除は基本中の基本!トリマーとしての仕事道具は大切に扱わないとね!ワンちゃんを入れるゲージもキレイにお掃除して気持ち良くね。

10

車まで送り届けて今日の実習は終了!

キレイになったワンちゃんたちは、飼い主さんの元へ大切に送り届けられるよ。KSBでは2年間で約1,000頭の犬たちと触れ合うことができるのが自慢なんだ!

KSB PICK UP

即戦力として評価が高いのは、2年間で

1人300頭以上を担当しているから!

KSBにはペットサロンと同じように毎日さまざまな種類のワンちゃんやネコちゃんがやってきます。基礎を身につけた後は、ペットサロンさながらに1日2~3頭のペットたちを綺麗に変身させます。いろんな種類のペットたちと触れ合う時間が多いことが即戦力として高い評価を得ている理由の一つです。店長として経営や運営をまかされる卒業生が多いのもリアルな授業で総合的なスキルを身につけてきた証しです。

技術や知識はもちろん、

コミュニケーション能力も修得。

平川 ちなみさん (福岡県 小倉商業高校出身)

体験入学での学校説明がわかりやすく、学生スタッフや先生方がフレンドリーに対応してくださり、KSBで学びたいと思いました。トリミングルームや看護実習室などの充実した設備も決め手になりました。グルーミングやトリミング技術だけでなく、体験入学のスタッフを通してコミュニケーション能力も高めています。いろんな犬種を扱うことができる、他クラス・専攻の友達ができる、先生方が親身になって話してくれるなど入学して良かったと実感しています。

トリマー&トレーナー専攻

犬の性格や特徴、行動を理解し、

トリマーの技術を身につけ可能性を広げる。

さまざまな犬種を扱いながら、グルーミングやトリミングなどの動物美容についての技術と、犬の訓練技法を同時に身につけていきます。犬の性格や特徴が理解できた上で、トリマーの仕事ができることでやりがいのある仕事ができるだけでなく、活躍のステージが広がります。

取得できる各種資格

●認定トリマーライセンス(ベーシック・B~C級)

●認定ドッグトレーナーライセンス(ベーシック・B~C級)

●動物看護師(動物看護師統一認定機構)

●愛玩動物飼養管理士1~2級(愛玩動物協会主催)

●ペットフード販売士(ペットフード協会主催)

●サービス接遇検定(文部科学省後援)

●ビジネス文書検定(文部科学省後援)

●Word文書処理技能認定 など

学べる分野

トリマー&トレーナー

犬種ごとに異なる体形や特性に見合ったグルーミング技術と、オビディエンスを理解した訓練技法を同時に修得。トリマーとトレーナー技能を両立させることで、ハンドラーやブリーダーへの道も開けます。

主なカリキュラム

●グルーミングベーシック

●WORD基礎

●ドッグ

●トレーニングオピディエンス

●サービス接遇

●動物行動学

●ペット美容概論

●愛玩動物飼養管理2級セミナー

●犬種学

●カーミングシグナル

●キャリアガイダンス

●トリミングスタンダード

●ドッグトレーニング

●愛玩動物飼養管理1級セミナー

●ビヘイビアルセラピスト(トレーニング)

※カリキュラムは教育効果を考慮して一部変更をする場合があります。

トレーナー実習

トレーナーの基本を学ぶ学内・野外での実習

トレーナーの基本動作をしっかり身につける学内での実習と併せて、学外の広々としたドッグランで実践的に学ぶ実習を充実させています。いろんな犬と楽しく触れ合いながら学びます。

基本動作の復習

まず、基本動作をしっかり身につけることが大事。オスワリやフセなど信頼関係を築くために必要な動作を復習します。

「待て」の練習

基本動作の一つ「待て」を教えていきます。どんな犬にも対応できるようになるのが目標。「待て」ができたらご褒美!


学外ドッグラン

学外に広々とした訓練所(ドッグラン)を確保。現役のプロ講師を迎えて技術と知識、そしてトレーナーとしての人間力も育てていきます。

きちんとできたら

褒めてあげよう!

犬は褒められるのが大好き!何度もやって理解できうまくいった時は、思いっきり褒めてあげると犬もしっかり覚えていきます。

業界からのメッセージ

犬を通して社会貢献するには

人と信頼関係を築くことが必要。

盲導犬訓練士になるためには盲導犬協会で働きながら研修を受け、試験に合格する必要があります。私が研修生の時代は雑用をする時間が多く、主に先輩訓練士の訓練を「見て学ぶ」研修でしたが、今ではほとんどの盲導犬協会で研修生を監督・指導する担当者がおり、研修生に実技と座学を教育します。新人の研修生はまず1 ~ 2頭の候補犬の訓練を担当しキャリアをスタートします。研修期間は約3年間で、その間に12頭以上を訓練すれば受験資格が与えられ、筆記試験をクリアすれば晴れて盲導犬訓練士になることができます。資格を取るまで長い道のりがあり、また盲導犬訓練士になってからも大変なこともありますが、盲導犬使用者の方から「この子(ご自身の盲導犬)に出会えて良かった」「以前から行きたかった場所に行くことができた」といった声を聞くと、この仕事の素晴らしさを感じます。この仕事はもちろん犬と深く関わりますが、盲導犬と生活をともにする視覚障がい者と向き合う仕事です。盲導犬の仕事だけではなく、犬に関わるほとんどの仕事も、「人との関わり、人とのつながり」によって成り立っています。若いみなさんには、犬に関する技術を身につけるだけではなく、人とのコミュニケーションを大切にしてほしいと思います。

公益財団法人 九州盲導犬協会総合訓練センター センター長代理・歩行指導員 児嶋さん

トリマー・トレーニング両方の

能力を磨いてペット業界のプロへ

藤野 舞さん (大分県 三重総合高校出身)

トリマーとしてインターンシップに参加した際に、ワンちゃんに合わせた専用のシャンプーを持ち込まれる飼い主さんがいらっしゃいました。飼い主さんによってこだわりや悩みも異なり、全く違う対応が必要なのだと感じる事例が多くありました。

将来は飼い主さんのしつけの悩みも解決することができるトリマーをめざすためにトリマー、トレーニングそれぞれの授業を頑張っています。この専攻で、幅広い知識・技術を学んでいきたいです。

トリマー&アニマルヘルス専攻

トリマーとしての技術はもちろん、関わる

動物のヘルスケアを行い幅広い活躍を。

トリマーとしての技術を修得しながら、現場で求められる基本的な動物の健康を守るために必要な栄養学を身につけます。ペットフードの知識を併せ持つことで、活躍の幅が広がります。

取得できる各種資格

●認定トリマーライセンス(ベーシック・B~C級)

●愛玩動物飼養管理士1~2級(愛玩動物協会主催)

●ペットフード販売士(ペットフード協会主催)

●サービス接遇検定(文部科学省後援)

●ビジネス文書検定(文部科学省後援)

●Word文書処理技能認定 など

主なカリキュラム

●グルーミングベーシック

●WORD基礎

●ペットフード

●カーミングシグナル

●ペット美容概論

●サービス接遇

●動物行動学

●愛玩動物飼養管理2級セミナー

●ドッグヘルスケア

●キャリアガイダンス

●トリミングスタンダード

●愛玩動物飼養管理1級セミナー

●ペットフード調理実習

※カリキュラムは教育効果を考慮して一部変更をする場合があります。

KSB PICK UP

ペット業界の今を知る学外の活動が盛ん!

視野も価値観も広がります。

ペット学科の学生たちは、東京研修でアジア最大のドッグショーや競技会を見学。希望者は、海外研修も実施。ペット先進国アメリカ研修では世界的な展示会「Super Zoo」見学や現地動物病院、一流のドッグランを訪問します。

(※研修内容は年度により異なります)